スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦るな。失敗してもいい、新たな挑戦を続けよう

先日、お仕事でお会いしたコンサルタント(40代後半)の方から
コンサルタントとしてのマインドの持ち方やさらなる成長への極意を
伺う機会に恵まれました。

その方(Dさん)は、クライアント企業様からの信頼が厚く
いつも指名され、数々のプロジェクトを成功に導かれた実績のある
紳士です。

Dさんのお話を伺った中で、特に
「これから実現したいこと」と「後輩へのメッセージ」が
どんな職業・職種の方へも参考になるのではと思いましたので
ここでご紹介いたします。


これから実現したいことは、2つ。新しい事へのチャレンジと理想の追求

語り口や物腰は穏やかですが、内に秘めた情熱が言葉の端々からこぼれるDさん。
私からみても、人生の大先輩であるDさんに
「これから実現していきたいこと」について伺いました。

「二つあります。
まず一つ目は、 今の自分で満足せず、新しいことにチャレンジしていきたいと思っています。
年齢を重ねると、新しいことへのチャレンジは億劫になりがちですが気概をずっと持ち続けていたいです。

二つ目は、 理想を追求した上で
「こういうことをやっていきませんか」とお客様へ提案していきたいです。
ある程度理想を追求することを考えていかなければ、お客様に「いい解決策を提案してくれた」と思われないし
出来そうなことばかり提案していたら、そこで終わってしまうように思います。
理想を追求した上で妥協するのか、最初から妥協して提案するのかでは、ずいぶん違うと思うんです。
[生涯現役]の夢をかなえていくためにも、この二つには取り組んでいきたいです。」


 

 
「焦るな。」失敗してもいい、どんどん挑戦することが大切

お仕事上の実績と人となりの素敵さの両面をあわせもつDさんは、
若手からの多いなる信頼をも獲得しておられます。最近の若手メンバーをみてどんなことを感じておられるのでしょうか。
今、若手メンバーへ伝えたいメッセージについて、伺いました。
 
「「どんどん成長していきたい」と向上心を持つ人が多いですが
若手のみなさんには「焦るな」と伝えたいですね。

例えば、30歳の人が40歳を超えたベテランと同じように振舞えるかというとそれは無理な話。
将来「ああいうふうになりたいな」と学び、
目標におくのはよいことですが
自分が同じことをすぐに出来ないからといって、自分がだめだと思う必要はありません。

コンサルタントは一人ひとりの人間力で勝負する商売ですので
モノマネではなく自分自身の個性をもっと大切にじっくりと育てることを、長い目で考えてもらいたいと思います。
だから、焦らずに一つひとつ経験を積み重ねていってほしいです。
常にチャレンジすることを忘れずに。

重要なプロジェクトでの失敗は許されない、という意識が強いからか
「未経験の分野に積極的に取り組めない」
「頭の中で考えるだけで行動に移せない」
というメンバーもいるのではないかと思います。

若いメンバーには、ぜひ
「未経験だし知識もありませんが、ぜひやらせてください!」
「こういうことに挑戦してみたいんです!」

という積極性を出して欲しいですね。
もし失敗しても命までは取られませんし、絶対にPMが責任を取ってくれますから大丈夫ですよ(笑)

失敗してもいい、どんどん挑戦してください。
シビれる体験からこそ、多くの学びと成長への糧が得られますから。」





(編集後記)
どんなときでも、いつも誠実にご対応下さるDさん。
コンサルティングの現場だけでなく他の場面でも、Dさんの振る舞いや後姿から学べることがたくさんあるように感じています。
今回のインタビューで若手メンバー向けに下さったメッセージは、コンサルタントの皆さんはもちろん
その他の職種で頑張っておられる方々の心にも響くのではないでしょうか。
Dさん、貴重なお話をありがとうございました。(Gold Kirara)
スポンサーサイト

 ▲  次のページへ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。