スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インタビュー☆きらめく人々(2)できることを、やり続けていきたい。

きらめく人々☆インタビュー


機会があったら、ぜひ現地へ行ってみてほしい。
現地へ行って、考えることが復興につながるんじゃないかな。


ボランティア活動に向かう観光バス


Tさんは、2011年6月、プロジェクトがひと段落した合間をぬって、かねてから気になっていたボランティアに参加されました。東日本大震災で被災した岩手県釜石市大槌町で、道路の泥のかきだしを経験したTさんに、現地で感じたことや復興への想いについて伺いました。



311当日、目にした悲惨な映像

Tさんは、2011年3月11日の東日本大震災当日たまたま自宅にいた。徹夜で仕事をし、仮眠をとっていた矢先、あの地震に遭遇した。「揺れで起き、リアルタイムであの悲惨な映像をみていました。津波が襲ってくる瞬間なども放送されていて、かなり衝撃的でした」。“自分にできることを、なにかしなきゃ!”と強く思ったTさんは、仕事がひと段落した6月に行動を起こした。

参加したのは、観光ツアー

今回Tさんが参加したのは、木村観光が主催する「応援します東北」バスツアー(※)。ボランティア活動と観光とがセットされた2泊3日のツアーで、東北の経済を少しでも活性化するために現地でお金を使うことができるものだ。温泉好きのTさんは、ボランティア活動と自分の好きなことと両方が実現できるツアーを選択した。料金は、約3万円。平日にも関わらず、22人が参加したという。
初日は、9時に大宮を出発。バスに7時間揺られて、岩手県の温泉宿に到着しその日は体を休めた。2日目は、午前6時に宿を出発。今回ボランティア活動を行う大槌町まで、パスで3時間半かかった。岩手県の沿岸地帯は、幹線道路からの距離も遠く瓦礫撤去などのスピードが宮城県に比べると遅れているようだ。現地では、ボランティア活動として約4時間道路に積もった泥の撤去を行い、3時間かけて宿にもどった。3日目は、世界遺産に先日登録された平泉中尊寺などに行き、帰途についた。

現実を目の当たりにして

泥の撤去作業を行ったのは、岩手県釜石市大槌町の吉里吉里保育園近くの道路だ。保育園は建物の骨格だけを残し、周囲の建物は全て流されている状態だった。「瓦礫や土の中からスヌーピーのぬいぐるみや子ども向けのDVDが出てきて、ここに居たはずの子どもたちは無事だったのだろうかと思いました。」と切ない表情で語る。「現地までの道中、とにかく圧倒されました。2階建てくらいの高さがある堤防が、ころっと転がっていたりするんですからね・・・」。行ってみて、水が相当高いところまで来たことがわかったという。テレビでは、映されない角度の映像もある。現地にいってこそ、わかることもあったようだ。


先が見えない現在は、「復興」とはいえない
現地のボランティアセンターの方から、「観光でもいいからきてほしい。テレビなどでは、東北は復興に向かっていると報道されるが、全くそんなことはない。この現状を、見るだけでもいいから来てほしい」という話があり、Tさんの心に刺さった。「復興復興というけれど、現場はそんなことないんですよね。確かに、現場は片付きつつあるけれど、家が建ち始めているわけではないんです。そこにまた人が住むのかどうかもわからない。現地の方にとっては、全く先がみえないんです」-。それでも、「現地に行くと、次にどんな支援ができるのかを考えることができます。引き続きやれることはやっていきたいと思いました」と、穏やかだが意志のある口調で語る。今回のツアーに名古屋から参加した方は、東北の現状を知りたいと会社に申請すると、上司から「もう復興始まっているんですよね」と言われたのが納得いかなかったと話したという。Tさんは、現場とそれ以外の地域との温度差が、確実にあるように感じた。

できることを、やり続けていきたい
今回のボランティア活動を通じて、Tさんは“復興の難しさ”」を痛感したという。「被災者・支援者・傍観者含めた人の心、現地のあまりに悲惨な現状、行き渡らない義援金。これらが復興を妨げる要素になっているように思いました。とにかく現地のために何かしたいという想いがある一方、積極的に活動する人達に苦情を言う人もいるということを今回のツアーで聞きました。津波で全て流されて、本当にまたここで住めるのか想像もつかないような悲惨な現状がある。集まった多額の義援金も、なかなかスムーズに被災地の方々へ行き渡っていない。それは残念ですよね。現地の人にすぐに役立つ支援は何か、知恵を絞っていかないといけないと思います。友人には、機会があればぜひ行ってみたほうがいいよと伝えたいです。まずは現地に行って考えること、それこそが復興につながっていくんじゃないかな」。支援物資マッチングシステムを活用して現地の方が必要としている物の提供を開始したり、来週末にも再度ボランティア活動へ出かける予定など、できる支援を次々に積み重ねているTさんの横顔は、しっかりと未来を見据えていた。


 (※) 木村観光 ボランティアツアー http://www.kimurakanko.co.jp/ouen.html

岩手県道路沿いに掲げられたメッセージ

スポンサーサイト

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。